カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

プロフィール

スミトン キルター
好き:創作行為
嫌い:お片付け

categories

selected entries

archives

キルト展終わったよ〜感謝・感謝

昨日(18日)無事キルト展が終わりました。

6日間で、871人の方々に見に来て頂き、感謝いたします!

 

見て頂いた方々からは、凄い・素晴らしい・これがミシンキルト?心が休まる、などと称賛のお言葉を頂いた事を真面目に受け止め、キルト作りをしてきて良かったな〜と思いました。

 

生徒達には作品展に向けて追い込みをかけておきながら、自分は搬入の日に作品を仕上げるなど、反省しました…

まぁ〜生徒は一枚の作品、私は二枚の作品ですがね〜アハハハァ〜(^▽^;)

 

キルティングを7日で仕上げた作品の写真です。

 

長寿祈願1

 

トップのヘキサゴン作りに2ヶ月・デザインや布探しに1ヵ月

中央の薬玉が綺麗に丸にならず、何度も布を張り替えし過ぎてボンドで厚みが出来、ミシン針3本も折る結果に〜トホホ(´д`;)

 

でも完成作品を皆様に見て頂けて、良かったよ♪

実は、仕上がらなかったらね〜

中央にテーブルとミシンをセッティングして、作業風景にしょう!なんて不純な考えが頭をかすめてたよ

 

壁面で見て頂き良かった・良かった!!

 

長寿祈願2

 

そして、ブログの力というのも凄い!と感じました。

 

ゆきんこさん」がブログで紹介して下さったのを見て、糸島から「キルトとにやんこと時々わんこさん」が見に来て頂き、富山と糸島がつながるのって凄い!と思いました。

彼女とお話もしまして、ブログで紹介や感想なども書いてくださいました。

 

私はお目にかかる事が出来なかったのですが、「バラが好きさん」も見に来て頂き、ブログで紹介して頂きました。

 

気まぐれスミトンを見て下さってるKさんご夫妻が、熊本から来てくださったのに、タイミング悪く席を外していて、お目にかかることが出来ず残念でした(>_<)

 

 

見に来てくださった方々、ありがとうございました!!

 

またの機会が出来るように頑張りたいと思います。

 

生徒の皆さん、お疲れ様でした。

 

私は  元気を取り戻すのに、2〜3日寝込みます…(+_+)

 

汚くっても、自分の家が一番だね〜ワハハハァ(^▽^)

 

追記:

ruru*のぽっけさん」も展示会の案内を紹介してくれました!

友達の事、忘れてたよ

 

 

 

 


キルト展始まったよ

待ちに待ったキルト展が昨日から始まりました♪

 

福岡アジア美術館

 

西日本新聞の朝刊に掲載して頂いたおかげで、「新聞見てきました」と話される方が多く、お陰でキルターではなく、一般の方々に見て頂く事が出来ました!

 

西日本新聞の朝刊

 

夕方には、東京の生徒6人も会場に無事着き、一安心です(^ω^)

 

東京から新幹線で来た彼女達、驚くでしょ?

はじめ「新幹線で行くから」と聞いた時には、たまげたよ(笑)

 

しかし6時間ほどかかっても、6人は修学旅行のようで楽しく、おしゃべりしていたらあっという間に着いたそうな〜(^▽^;)

彼女達の元気に感服です。

 

18時半からは懐石料理で、東京福岡の交流が始まりました!!

 

楽しい時間は、あっという間に過ぎます。

 

嶺井壽美子と仲間たち展1

 

二日目も多くの方々に来て頂き、自分たちの知っているヘキサゴンキルトでは無い、素晴らしい!と皆さんから言って頂けて、作品作りの苦労が報われた瞬間でした。

 

嶺井壽美子と仲間たち展2

 

明日は、娘も東京の生徒も帰ります。

 

寂しくなるけど、最後まで頑張るよ!!

 

是非見に来てください(^▽^)

 

 

 


明日からキルト展始まるよ!

今日は、搬入日

 

池袋の時と違い、キルトの飾りつにけを美術館から紹介して頂いた業者さんにして頂きました。

 

展示会場搬入2

 

私たちは、どこにどのキルトを飾るか指示をするだけで良いのです。

 

こんな楽な展示は、初めての経験です(^▽^)

 

展示会場搬入3

 

 

がらんとした展示会場の壁面に、次から次へとキルトが張られ、華やかな会場へと変わります。

 

展示会場搬入1

 

明日から一週間、どれくらいの人達でにぎわうのでしょうか、楽しみです。

 

 

ツリー

今回の目玉 ポーチツリー!!

オリジナルポーチを飾るために、大工さんに作ってもらいましたっ(^ω^)

 

そして、もう一本のツリーには、クリスマスオーナメントを飾りました。

 

是非会場で、見て下さい♪

 

お待ちしております(^o^)

 

 


嶺井壽美子と仲間たち展

9月13日(木)〜18日(火)迄、福岡アジア美術館8階交流ギャラリーで『嶺井壽美子と仲間たち展』を開催します!

福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル

入場料無料

 

http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/559

 

一辺が1僉1.8僂力山儼舛離皀競ぅキルト17点を中心に展示します。

ご高覧の上、ご講評頂ければ幸いです。

本展を機に更なる技術の向上・感性に磨きをかけて行こうと、皆で話しています。

 

 

上記のような少し硬めの文言を入れたポストカードを2000枚印刷しました。

 

嶺井壽美子と仲間たち展1

 

ほとんどが福岡の生徒が配布してくれました。

 

展示場所が美術館という事も有り、ポスターも大小作り、初めての経験にソワソワしています(^▽^;)

 

 

嶺井壽美子と仲間たち展2

 

2014年に池袋でキルト展をしてから4年振りの事です。

 

福岡には3か月に1回しか行かない私ですが、いろんなことをLINEで指示することが出来、作品の相談なども全てLINEで済ませました。

本当に便利になったよね〜

リアルタイムで話を進められるんだから!

公の事はグループLINEでやり取りすると、生徒間の秘密が無くすべてが共有できるから良いよね

作品の相談は、個人LINEで写真のやり取りなども簡単に出来るから、お薦めです(^ω^)

 

 

池袋の時には、沢山の方々から生花を頂き、会場が華やかににぎわいましたが、今回は「会場の規定により、生花はご辞退させて頂きます。」の文を書かなければならなかったのよね…

 

いろんな事が初めての経験です!!

 

そうそう、よく聞かれるんだけど、何故「嶺井壽美子と仲間たち展」なのか?と

普通は、教室の名前でキルト展するのに、仲間たちと聞けば、生徒でなく貴女の友達との展示だと思うよ〜と

 

でも嶺井の考えでは、生徒でも作品を発表する以上、私と同舞台の上に登っているキルターだと思うんだよね

 

だから生徒ではなく、キルト仲間なのよね

彼女たちの感性と、切磋琢磨してこれからも皆で前進していくために!という意味もある作品展なのです。

 

勿論キルト展に対する全責任は、私に有る事が前提だよ

 

ご理解いただけたでしょうか?

 

そうそう、東京の生徒も6人福岡に行くのよね♪

それも新幹線でさぁ〜

二泊三日の小旅行!

まるでおばちゃん達の修学旅行だよ(^▽^;)

 

福岡が初めてな生徒も三人もいるので、きっとてんやわんやな旅だと思うわぁ〜

うるさいよ(^ω^;)

新幹線では騒ぐな・静かに話せ!と注意しておいたけれど、どこまで守れるか疑問だよ?

 

そして、手伝いに来るのではなく(強調しておくことにしょう)、作品を見に来るのと福岡観光です(^_^;)

 

スミトンが今まで行って見て感激した場所等を選び、観光タクシーでスペシャルなツアーです!!

 

 

是非お時間の有る方は、アジア美術館まで足を運んでください。

 

福岡は食べ物がおいしいし、見る所が盛りだくさんですよ!!

 

 

 


キルトジャパンの贈呈本届いたよ〜嬉しいね

今日 ヴォーグ社からキルトジャパンの贈呈本が届きました♪

 

表紙のロゴもリニュアルされたキルトジャパンです!

 

キルトジャパン1

 

何故スミトンに贈呈本が届くの?と疑問に感じた方々、久しぶりにプロセス撮影などの仕事したのですよ(^▽^)

 

購入したら50ページを開いて見て下さい!!

 

ブログにいつか書いたレシートを使ってのペーパーピーシングを、スタッフの中塚さんが見て下さり、今回の記事になり、贈呈本が届いたのです!

 

プロセス撮りも丁寧にわかりやすく書かれてると思うので、是非作って見て下さい。

 

 

キルト綿でなく、私の好きな百均のフェルトを芯にしてるので、キルティングも楽で、バッグもしっかりしますよ〜(^ω^)

 

今回のレシートピーシングは、フリーで縫い付けていく方法で、フライングギースなど盛りだくさんの内容です。

 

ミシン初心者やペーパーピーシングが苦手と言う方も、一度トライして見て下さい。

 

好きになる事間違いないよ〜(^0^)b

 

キルトジャパン2

 

本が一新されただけでなく、編集長も石上さんから寺島さんに代わりました。

 

ただ撮影日は寺島編集長が出張中でお目にかかる事ができませんでした…(´д`)

 

中塚さんとは仕事をするのが初めてでしたが、前編集長の石上さんが撮影中に顔を出してくださり、なんだかほっとしました。

 

中塚さんも「わからない人が本を見てわかるようにするには…」と、工夫をしながら進めていってくれました。

 

なので、本を見ただけで出来るようになってるとは思いますが、皆様いかがでしょうか?

 

「バッグは作らない」という方も、端切れの整理をするのに是非チャレンジして見て下さい♪

 

それにしても、一新されたキルトジャパンに掲載されて、ダブルで嬉しいで〜すっ(^▽^)

 

 

 

 


| 1/118PAGES | >>